子供とお菓子作り

アンパンマンクッキーの作り方(砂糖なしレシピ)

YouTube動画はじめました(^^)/

 

こんにちは!管理栄養士の梅子です。

今回は米粉で作るアンパンマンクッキーをご紹介します。

このレシピは娘(2歳)と娘のお友達(2歳)でも食べられるものをと思って考えたもので、お砂糖不使用で作る素朴な味わいのクッキーです。

ノンシュガーで作る米粉アンパンマンクッキーのレシピ

天板1枚分

米粉       100g

バター      30g

メープルシロップ 30g

卵        26g

クランベリーパウダー 3g

ココアパウダー  小さじ1

メープルシロップ 小さじ1

※クランベリーパウダーの代わりにココアパウダー、お茶類のパウダー、野菜パウダー、ラズベリーパウダーなどのパウダー類を使っても可愛く作れます。

 

レシピで使用している材料です↓

米粉は種類によって吸水率が違うので、他の米粉を使う場合はご注意下さい。

↑小麦を含む製品を製造している工場で製造している商品です。

 

↓こちらの野菜パウダーも使いやすかったです♪

 

 

準備

・材料を室温に戻します。

・オーブンを180℃に予熱します。

 

作り方

①バターが滑らかになるまでほぐします。

 

②メープルシロップを加えて混ぜ合わせます。

軽く混ぜ合わせてから湯煎にかけます。

バターを完全に溶かさないように、メープルシロップと混ぜ合わせていくことが理想なのですが、ぬるめのお湯で湯煎にかけてバターを溶かさないように混ぜ合わせていくことが、けっこう大変だったので、もうバターが溶けることは気にせずに温かいお湯で湯煎にかけて混ぜ合わせてもらうことがいいと思います。

 

③卵を加えて混ぜ合わせます。

湯煎のお湯が冷めていると卵が混ざりにくいので、その場合は新しいお湯に変えます。

 

④米粉を加えて混ぜ合わせます。

 

⑤生地を30g取り分けたら、クランベリーパウダーを加えて色をつけます。

スプーンで軽く混ぜ合わせます。

まだらに混ざってきたら、色が均一になりょうに手で捏ねます。

 

⑥残りの生地をひと塊にまとめたら、4mm程度の厚さに薄く伸ばします。

 

⑦丸型で生地を抜きます。

米粉にはグルテンがないので、生地同士の繋がりが弱くて割れやすいです。

なので生地を外すときは、ビニールの下から手を入れて優しく外してくといいです。

再び生地を薄く伸ばす際は、その都度生地をひと塊にまとめてから伸ばします。

 

こうすることで、生地が繋がり割れにくくなります。

 

⑧ピンクの生地を薄く伸ばします。

小さい丸型で生地を抜きます。

写真は口金を使って生地を抜いていますが、太めのストローでも抜きやすかったです。

⑦の白い生地1枚に対してピンクの生地は3枚ずつ使うので、必要な数だけ抜きます。

 

⑨白い生地にピンクの生地を3枚ずつのせます。

この時に極少量の溶き卵(分量外)を接着剤としてピンクの生地につけます。

 

⑩180℃に予熱したオーブンを170℃に下げて、15分焼きます。

 

⑪焼き上がる少し前にココアパウダー小さじ1とメープルシロップ小さじ1を混ぜ合わせます。

 

⑫焼き上がったら⑪を竹串につけて、目・眉毛・口を書きます。

クッキーが冷めて、ココアが乾けば完成です。

まだ少し温かさが残ったオーブンの庫内に入れておくと、早くココアが乾きます。

 

出来上がり~

 

娘の喜ぶ顔見たさに色んな色で作ってみました♪

左から、ココアパウダー、ラズベリーパウダー、カボチャパウダー、ほうれん草パウダー、紫芋パウダー、クランベリーパウダーです。

 

インスタグラム(@umekomeko)もマイペースに更新中♪
 

ピンクのボタンをポチっと押していただけると嬉しいです♪励みになります♪
ABOUT ME
管理栄養士 梅子
管理栄養士 梅子
当サイトの管理人、お菓子作り好きな管理栄養士の梅子です。 米粉が大好きで米粉のお菓子研究家となり、こちらの米粉レシピ情報サイト「米粉のレシピ帖」を立ち上げました。 「グルテンフリーでも美味しく食べたい!」を叶えるご家庭でも作りやすい米粉レシピを考え発信しています。 2016年頃から無理なくできる範囲でゆるくグルテンフリー生活継続中。 卵・乳製品アレルギーでも美味しく食べられるレシピも多数掲載。 給食会社、食品会社での勤務経験あり。 結婚を機に退職し、今は小学1年生の男の子と2歳女の子の母です。