米粉ケーキ

米粉のお菓子バナナパウンドケーキ(グルテンフリー)の作り方

 

一口食べるとバナナの甘い香りが口いっぱいに広がります。

米粉を使用することで、ひときわしっとりとした口当たりが特徴のケーキです。

バナナは若いものよりも、よく熟したものを使用するといいです。

バターなしでも、バナナの香りで物足りなさを感じさせないパウンドケーキです。

米粉のバナナパウンドケーキ レシピ

●材料● 17×8cmのパウンド型1台分

米粉            120g

ベーキングパウダー(アルミニウムフリー) 小さじ1

シナモン          小さじ1/4

きび砂糖          70g

米油            70g

(米油の代わりに太白ごま油でもOK)

卵(L)           2個

熟したバナナ        1本(120g)

アーモンドスライス、くるみ   お好みでトッピングしても

 

※お砂糖は、きび砂糖以外に甜菜糖、素焚糖などその他のお砂糖に置き換えても大丈夫です。

※油は米油以外に太白ごま油などクセが少ない他の油に置き換えても作れます。

 

このレシピで使用している米粉はこちらです。
米粉は商品により吸水率、吸油率が異なるので、他の米粉を使用する際はご注意ください。

 

 

 

●準備●

・卵は室温にもどしておく。

・パウンド型にオーブンシートを敷きこんでおく。

・米粉、ベーキングパウダー、シナモンは一つのボウルに混ぜ合わせておく。

 

・オーブンを180℃に予熱する。

・バナナは皮をむいて、フォークでつぶす。

 

●作り方●

①ボウルに卵ときび砂糖を入れ混ぜ合わせる。

※しっかりと砂糖を溶かしましょう。

 

②①のボウルに米油を加え、よく混ぜる。

 

③②のボウルに潰しておいたバナナを加えてよく混ぜる。

 

④③のボウルに合わせておいた米粉、ベーキングパウダー、シナモンを加えてよく混ぜる。

 

⑤型に生地を流し入れる。

 

⑥お好みでスライスアーモンドやくるみなどのナッツをトッピング。

トッピングしない場合はそのままでOK。

 

⑦180℃のオーブンで35分焼く。

 

⑧焼き上がったら竹串を中心まで刺して何もついてこないようなら型から出し、網の上で冷ます。

※ラップに包んでおくと乾燥を防げます。

 

出来上がり。

 

簡単アレンジ

バナナ生地の一部をココア生地に変えてマフィン型で焼くと、バナナココアマフィンに♪

生地の一部を容器に取り、そこにココアパウダー、少量の水分(牛乳・豆乳など)を入れて混ぜます。

写真は生地 60g、ココア 大さじ1、牛乳 小さじ1。

ココア生地の分量はお好みで調整してください。

ココア生地が完成したら、バナナ生地と合わせます。

軽くまぜたら型にながして焼きます。

マフィン型で焼いてみるのもOK。

ちょうど6個焼けます。

マフィン型の場合、焼き時間はパウンド型のときよりも短めに調整してください。

我が家のオーブンの場合は焼き時間を25分にしました。

 

米粉120gのうち20gを振るったココアパウダーに変えると、バナナココア生地に♪

 

バナナ救済のレシピとしてだけでなく、バナナを買ってきてでも作りたいバナナパウンドケーキ♪

ぜひお試しください(*^-^*)

 

バレンタインバージョンとして、チョコレートでおめかしして、チョコバナナケーキにしてみました↓

 

ABOUT ME
管理栄養士 梅子
お米と米粉専門の料理研究家。 小麦を食べるのをやめただけなのに、どこの病院で診てもらっても原因不明だった体調不良がすっかり良くなるという経験をしてから、自分にとって心地よい食事法としてグルテンフリー生活を続けています。小麦粉からお米と米粉にシフトして6年。お米の可能性、魅力に気がつき2018年からこだわりのお米(米粉)のレシピを発信してます。 2016年から無理なくできる範囲でゆるグルテンフリー生活継続中。 卵・乳製品アレルギーでも美味しく食べられるレシピも多数掲載。 給食会社、食品会社での勤務経験あり。 今は都内で小3の息子、年少の娘の母として夫と4人暮らし。毎日賑やかに過ごしています。将来は水がキレイなどこか地方の田舎で自給農生活がしてみたいです♪