米粉ケーキ

米粉のお菓子ウィークエンドシトロン(グルテンフリー)の作り方

「週末に大切なひとと食べるスイーツ」がコンセプトなフランス生まれのレモンケーキ。

発祥の地フランスでは平日に作っておいて、週末のピクニックやお出掛けに持っていくケーキとして愛されているそうです。

アイシングをかけ砕いたピスタチオを飾った姿が特徴的です。

今回はウィークエンドケーキを小麦粉を使わずに、さらにバター不使用でレシピを考えてみました。

※2019年4月29日作業工程をスムーズになるよう見直しました。

米粉ウィークエンドシトロン レシピ

●材料● 17×8cmのパウンド型1台分

米油           70g

レモンの皮        1/2個

レモン          1/2個

はちみつ         30g

卵            2個(100g)

きび砂糖         70g

ベーキングパウダー(アルミニウムフリー)  小さじ1

米粉           120g

 

<飾り用>

粉糖           50g

レモン汁     小さじ2(10ml)

ピスタチオ        少々

 

※レモンの皮を使うときは、できるだけ国産のものを選ぶようにしましょう。

※お砂糖は、きび砂糖以外に、素焚糖などその他お好みのものに置き換えても大丈夫です。

※油は米油以外に太白ごま油などクセが少ない他の油に置き換えても作れます。

 

このレシピで使用している米粉はこちらです。
米粉は商品により吸水率、吸油率が異なるので、他の米粉を使用する際はご注意ください。

created by Rinker
ホームメイド
¥455
(2022/12/04 22:58:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

●準備●

・型にクッキングシートを敷きこむ。

 

・オーブンを170℃に予熱する。

 

●作り方●

①レモンの皮を削る。

※皮を削ると白い部分が出てきますが、香り成分はあまりなく苦みが強い部分なので、削らないようにしましょう。

 

②レモンの果汁を絞る。

 

③ボウルに卵ときび砂糖を入れて混ぜ合わせる。

 

④別のボウルに米油とハチミツを混ぜ合わせる。

 

⑤④にレモンの皮、果汁を加えて混ぜる。

 

⑥③の卵が入ったボウルに⑤を加えて混ぜる。

 

⑦⑥に米粉を加えて混ぜる。

 

⑧⑦にベーキングパウダーを加えて混ぜる。

 

⑨型に生地を流し入れる。

 

⑩170℃に予熱したオーブンで35分焼く。

竹串を刺して何もついてこないようなら型から出す。

荒熱がとれたらラップに包んで冷ます。

※ラップに包んで冷ますことで、乾燥を防ぎしっとりさせます。

※この先の工程は翌日にしてもいいです。

 

⑪ケーキの膨張した部分を切り落とす。

お好みで切り落とさずそのままでもOK。

 

⑫粉糖とレモン汁を混ぜ合わせてアイシングを作る。

 

⑬ケーキの上からアイシングをかける。

 

⑭ピスタチオをみじん切りにして、ケーキの上に飾る。

 

出来上がり。

国産レモンがが出回る時期に作りたくなるウィークエンドシトロン♪

レモンが旬の季節にぜひ作ってみてね~(*^-^*)

 

ABOUT ME
管理栄養士 梅子
お米と米粉専門の料理研究家。 小麦を食べるのをやめただけなのに、どこの病院で診てもらっても原因不明だった体調不良がすっかり良くなるということを経験。そこから小麦粉をお米と米粉にシフト。お米の可能性、魅力に気がつき2018年からとっておきのお米(米粉)レシピの発信を続けています。 2016年からゆるグルテンフリー生活継続中。 卵・乳製品アレルギーでも美味しく食べられるレシピも多数掲載。 今は都内で小3の息子、年少の娘の母として夫と4人暮らし。将来は水がキレイなどこか地方の田舎で自給農生活がしてみたいです♪あとはオーラやチャクラを整えること、宇宙のエネルギーについても興味があり、2022年からエネルギーワークの勉強スタート♬見えない世界についても最近は意識しています♪