米粉おやつ

ココアの米粉カップシフォンケーキ(グルテンフリーレシピ)の作り方

マフィン型で作るココア味のカップケーキシフォンのご紹介です。

せっかく上手に焼けても型から外すのがけっこう難しいシフォンケーキ(>_<)

そんなお悩みはマフィン型を使って焼けば解消です♪

カップサイズで焼くと1つだけ味見ができたり、焼き時間冷ます時間共に短くなったりとなかなかの優れもの(*^-^*)

シフォンケーキ型を持っていても、持っていなくても、ぜひチャレンジしてみてください。

今回はシフォンケーキの中にクリームも絞って生シフォンケーキにしてみました♪

米粉のココアカップシフォンケーキ レシピ

マフィン型 6個分

卵黄(M)     2個分

きび砂糖     10g

米油       20g

牛乳       25g

米粉       30g

ココアパウダー  10g

卵白(M)     2個分

きび砂糖     30g

※米油がない場合は太白ごま油でもいいです。

 

レシピで使用している材料です↓

米粉は種類により吸水率が違うので、他の米粉を使用する場合はご注意ください。

 

レシピで使用しているカップです↓

 

準備

・卵は黄身と白身に分け、白身は冷蔵庫でよく冷やしておく。

 

・油と牛乳は湯煎にかけて人肌に温めておく。

 

・マフィン型にグラシンカップをセットしておく。

 

・オーブンを170℃に予熱する。

 

作り方

①ボウルに卵黄と砂糖を入れたら、砂糖が馴染んで白っぽくなるまで泡だて器でよく混ぜる。

 

②①に油を加えて馴染むまで混ぜる。

 

③②に牛乳を加えて混ぜる。

 

④③に米粉を加えて混ぜる。

 

⑤④にココアパウダーを振るい入れて混ぜる。

 

⑥別のボウルでメレンゲをつくる。

卵白に少しでも卵黄が入っていたり、ボウルに油分や水分がついていたりすると泡立ちが悪くなるので気を付けましょう。

 

ボウルに冷やしておいた卵白を、ハンドミキサーの低速でこしを切るように混ぜて軽く泡立てる。

砂糖を2~3回に分けて加え、ハンドミキサーの高速で泡立てる。

メレンゲの角が立ったら、ハンドミキサーを低速にかえて、20秒くらいゆっくり混ぜてキメを整える。

 

⑦卵黄生地とメレンゲを混ぜ合わせる。

⑤のボウルにメレンゲの1/4量を加えて、泡だて器でダマがなくなるように混ぜる。

残りのメレンゲの半量を加え、ダマがなくなるように、かつ泡をつぶさないように混ぜる。

底に卵黄生地がたまりやすいので、底からすくい上げるように混ぜる。

残りのメレンゲを同じように混ぜる。

 

⑧マフィン型の8分目強~9分目に生地を流し入れる。

 

⑨170℃に予熱をしたオーブンで25分焼く。

ケーキクーラーの上で冷ます。

 

⑩ココアクリームを作る。

作りやすい分量

生クリーム     100g

きび砂糖       10g

ココアパウダー    10g

生クリームが入ったボウルにきび砂糖と振るったココアパウダーを入れる。

 

ボウルの下に氷水をあててしっかり冷やしながら、ハンドミキサーで8分立てにする。

はじめはスイッチを入れずに馴染ませるようにしてから、低速でゆっくり混ぜていくとココアパウダーが飛び散りにくいです。

口金をつけた絞り袋にいれる。

 

⑪冷めたフォンケーキにクリームを絞り入れる。

ストローを約2cmほど差し込み穴を空ける。

穴に口金を差し込んで、クリームを絞り出す。

クリームの量はお好みで15g~20gくらいを目安に。

クリームを入れてから冷蔵庫でしばらく馴染ませると美味しくなります。

 

出来上がり。

 

ABOUT ME
管理栄養士 梅子
管理栄養士 梅子
当サイトの管理人、管理栄養士の梅子です。 米粉が大好きで米粉のお菓子研究家となり、こちらの米粉レシピ情報サイト「米粉のレシピ帖」を立ち上げました。 「グルテンフリーでも美味しく食べたい!」を叶えるレシピを考え発信していきます。 卵・乳製品アレルギーでも美味しく食べられるレシピも多数掲載。 給食会社、食品会社での勤務経験あり。 結婚を機に退職し、今は小学1年生の男の子と2歳女の子のママしてます。