卵なし米粉レシピ

グルテンフリー鬼まんじゅうの作り方

東海地方ではよく知られている、名古屋名物「鬼まんじゅう」を米粉を使いグルテンフリーにしてご紹介します。

ごろごろと入っているサツマイモと、ややもちっとした生地が特徴のお菓子で、さつまいも好きにはたまりません。

ふわふわ生地のタイプもありますが、今回は私が好きなねっとりタイプをグルテンフリーで再現してみました。

さつまいもは安納芋のようなねっとり系より、鳴門金時や紅あずまなどのほくほく系を使うのがおススメです。

鬼まんじゅうを食べたことがある人もない人も、素朴でおいしい米粉のグルテンフリー鬼まんじゅうを、ぜひ味わってみてください♪

卵・乳製品・小麦粉不使用です。

 

米粉鬼まんじゅう(グルテンフリー)レシピ

●材料●8個分

さつまいも      1本(300g)

きび砂糖          60g

自然塩           ふたつまみ

米粉            80g

おからパウダー       12g

水             小さじ1~

 

※お砂糖は、きび砂糖以外に甜菜糖、素焚糖などその他のお砂糖に置き換えても大丈夫です。黒砂糖(粉末)を使うとまた少し違った雰囲気で楽しめます。

 

このレシピで使用している米粉はこちらです。
米粉は商品により吸水率、吸油率が異なるので、他の米粉を使用する際はご注意ください。

created by Rinker
ホームメイド
¥455
(2022/12/04 22:58:37時点 Amazon調べ-詳細)

このレシピで使用しているものです。

 

 

●作り方●

①さつまいもは皮をむき、7~8mm角に切りボウルに入れる。

 

②①のボウルにきび砂糖と自然塩を入れて、全体によく混ぜ馴染ませ、このまま約30分置く。

 

③米粉とおからパウダーを混ぜ合わせる。

 

④オーブンシートを8cm×8cmに8個分カットする。

 

⑤②の水分が出たらボウルに③の粉類を入れて、よく混ぜ馴染ませる。

 

⑥粉っぽさがなくなるまで、小さじ1ずつ様子を見ながら水分を加えていく。

※目安はバラバラな芋と生地が、手で握るとひと塊になるくらい。

 

⑦1個が約50g~55gになるように、ギュッとまとめながらオーブンシートの上にのせる。

 

⑧蒸気の上がった蒸し器で約20分、中火~強火で蒸し上げる。

 

⑨蒸し上がったら取り出して、少し冷まし生地を落ち着かせる。

 

出来上がり。

 

インスタグラム(@umekomeko)もマイペースに更新中♪
 

ピンクのボタンをポチっと押していただけると嬉しいです♪励みになります♪
ABOUT ME
管理栄養士 梅子
お米と米粉専門の料理研究家。 小麦を食べるのをやめただけなのに、どこの病院で診てもらっても原因不明だった体調不良がすっかり良くなるということを経験。そこから小麦粉をお米と米粉にシフト。お米の可能性、魅力に気がつき2018年からとっておきのお米(米粉)レシピの発信を続けています。 2016年からゆるグルテンフリー生活継続中。 卵・乳製品アレルギーでも美味しく食べられるレシピも多数掲載。 今は都内で小3の息子、年少の娘の母として夫と4人暮らし。将来は水がキレイなどこか地方の田舎で自給農生活がしてみたいです♪あとはオーラやチャクラを整えること、宇宙のエネルギーについても興味があり、2022年からエネルギーワークの勉強スタート♬見えない世界についても最近は意識しています♪