簡単米粉レシピ

米粉のレモンマフィンの作り方

YouTube動画はじめました(^^)/

レシピブログに参加しています♪ピンクのボタンを押して応援していただけると嬉しいです♪

 

こんにちは!管理栄養士の梅子です。

今回はグルテンフリーの米粉レモンマフィンをご紹介します。

バター不使用だから軽くて、レモンの酸味が爽やかな米粉マフィンです。

米粉のレモンマフィン レシピ

6個分

卵      2個

きび砂糖   80g

油      80g

プレーンヨーグルト 80g

レモン    1玉

米粉     150g

ベーキングパウダー 3g

※油は香りにクセのない米油、太白ごま油がおすすめです。

※レモンは皮まで使いたいので、国産無農薬レモンを推奨します。

※無農薬でない国産レモンを使う場合は、粗塩でレモン全体をよくこすり洗いして、流水で流してから使います。

 

レシピで使用している材料です↓

※米粉は種類によって吸水率が違うので、他の米粉を使う場合はご注意ください。

 

材料について 米粉 米粉のレシピ帖では基本的に上記の米粉を使っています。 米粉は商品によって吸水率が違うので、違う米粉を使...

 

 

レシピで使用しているカップです↓

こちらのカップ、米粉の生地でもくっつきにくくておススメです♪

 

YouTube動画あります↓

 

準備

・卵とヨーグルトを室温に戻します。

・マフィン型にグラシンカップをセットします。

・オーブンを180℃に予熱します。

 

作り方

①レモンの皮(1玉分)の黄色い部分をすりおろします。

白い部分には苦みがあるので、黄色い部分だけすりおろします。

 

レモンをすりおろすのに使ったのはこちら↓

以前、合羽橋に行ったときに買ったものですが、レモンの皮の黄色い部分だけをすりおろすのに最適なおろし器でした!

 

黄色い皮をすりおろしたレモンは、飾り用としてマフィンの個数分(今回は6枚)に薄くスライスします。

今回使ったレモンは、白い皮の部分にほとんど苦みがなっかったので、そのままスライスしましたが、苦みがある場合は白い皮をむいてからスライスします。

 

マフィンにのせたときにレモンが大きそうな場合は半分に切ってもいいです。

 

②ボウルに卵を割り入れて溶きほぐしたら、きび砂糖を加えて混ぜ合わせます。

 

③油を加え、乳化するまでよく混ぜ合わせます。

 

④レモンの皮とプレーンヨーグルトを加えて、よく混ぜ合わせます。

 

⑤米粉を加えて、よく混ぜ合わせます。

 

⑥ベーキングパウダーを加えて、よく混ぜ合わせます。

 

⑦生地をマフィン型に流し入れ、飾りのスライスレモンをのせます。

 

⑧天板にのせて、180℃に予熱したオーブンで25分~30分焼きます。

※オーブンの焼き時間・温度は目安です。お使いのオーブンに合わせて調節してください。

 

焼き上がったらすぐに型から外し、ケーキクーラーで冷まします。

 

出来上がり~(^^)/

 

インスタグラム(@umekomeko)もマイペースに更新中♪
 

ABOUT ME
管理栄養士 梅子
当サイトの管理人、お菓子作り好きな管理栄養士の梅子です。 米粉が大好きで米粉のお菓子研究家となり、こちらの米粉レシピ情報サイト「米粉のレシピ帖」を立ち上げました。 「グルテンフリーでも美味しく食べたい!」を叶えるご家庭でも作りやすい米粉レシピを考え発信しています。 2016年から無理なくできる範囲でゆるグルテンフリー生活継続中。 卵・乳製品アレルギーでも美味しく食べられるレシピも多数掲載。 給食会社、食品会社での勤務経験あり。 結婚を機に退職し、今は小学2年生の男の子と3歳女の子の母です。