簡単米粉レシピ

米粉のラングドシャ(グルテンフリーレシピ)の作り方

YouTube動画はじめました(^^)/

レシピブログに参加しています♪ピンクのボタンを押して応援していただけると嬉しいです♪

 

こんにちは!管理栄養士の梅子です。

一つ前の記事でご紹介したチョコモナカジャンボ風パリパリもなかアイスで余った卵白の消費ができるレシピをと思い、今回は米粉で作るグルテンフリーのラング・ド・シャをご紹介したいと思います。

基本の分量として今回は卵白30gに合わせた分量で書いていますが、

バター1:砂糖1:卵白1:米粉1:アーモンドプードル0.5の割合で作れますので、

使いきりたい卵白の分量に合わせて他の材料を合わせて作ることもできます♪

卵白消費できる米粉ラングドシャ レシピ

天板2枚分

無塩バター 30g

きび砂糖  30g

卵白    30g

米粉    30g

アーモンドプードル 15g

※バニラ風味をつけたい場合は、バニラペースト小さじ1/2

※紅茶風味にしたい場合はアールグレイのテーバッグを1袋

プレーン生地に足してください。

※無塩バターは無ければ有塩バターでも代用できます。

 

レシピで使用している材料です↓

※米粉の種類によって吸水率が違うので、他の米粉を使う場合はご注意ください。

 

バニラ風味をつけたいときは、こちらを使っています↓

 

バニラペーストが無い場合はこちらでも〇

 

 

YouTube動画もあります↓

 

準備

・バターを室温に戻します。

・オーブンを160℃~170℃に予熱します。

 

作り方

①室温に戻したバターをボウルに入れて、ゴムベラで滑らかにほぐします。

 

②きび砂糖を加えて、混ぜ合わせます。

 

③卵白を3回に分けて加え、その都度よく混ぜ合わせます。

 

④米粉とアーモンドプードル(ザルでふるいながら)を加え、均一になるように混ぜ合わせます。

 

⑤絞り袋に、生地を入れます。

まず絞り袋に口金(10mmの丸口金を使用)をセットします。

この時、口金に絞り袋を少し詰めて、栓をしておきます。

こうしておくことで、クッキー生地を入れたときに流れ出しません。

容器に絞り袋を固定します。

生地を流し入れます。

このままでも絞れますが、時間があれば5分~10分程度冷蔵庫で冷やしておくと生地が少し固まって絞りやすくなります。

 

⑥天板の上にシルパットを敷いて、生地を絞り出します。

焼いているときに広がる生地なので、しっかり間隔をあけて絞ります。

 

⑦160℃~170℃に予熱したオーブンで、まず8分焼きます。

 

8分焼けたら天板の前後を入れ替えて、さらに2分焼きます。

 

焼き上がったらケーキクーラーで冷まします。

※オーブンの焼き時間・温度は目安です。お使いのオーブンに合わせて調節してください。

 

⑧バニラペーストや紅茶のティーバッグを加える場合は、④の時に入れられます。

その他の工程は同じです。

 

⑨クッキーが冷めて、サクサクになったら完成です。

もし冷めてもサクサクになってないクッキーがあった場合は、

100℃のオーブンで5分ほど追加で焼いてもらうといいです。

 

出来上がり~(*^-^*)

インスタグラム(@umekomeko)もマイペースに更新中♪
 

ABOUT ME
管理栄養士 梅子
当サイトを管理しているお菓子作りが好きな管理栄養士の梅子です。 米粉が大好きで米粉のお菓子研究家となり、こちらの米粉レシピ情報サイト「米粉のレシピ帖」を立ち上げました。 「グルテンフリーでも美味しく食べたい!」を叶えるご家庭でも作りやすい米粉レシピを考え発信しています。 2016年から無理なくできる範囲でゆるグルテンフリー生活継続中。 卵・乳製品アレルギーでも美味しく食べられるレシピも多数掲載してます。 給食会社、食品会社での勤務経験あり。 結婚を機に退職し、今は小学2年生の男の子と3歳女の子の母です。