その他

お菓子作り、料理に最適な濃縮甘酒の作り方

YouTube動画はじめました(^^)/

 

こんにちは!管理栄養士の梅子です。

今回はお菓子作りやお料理にお砂糖の代わりとして使える、米麹で作る濃縮タイプの濃厚甘酒の作り方を紹介します。

甘酒にはブドウ糖、アミノ酸、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれていて、「飲む点滴」「飲む美容液」ともよばれています。

お店でも簡単に手に入る甘酒ですが、市販品だとどうしてもほとんどの商品で殺菌の目的や味の変化を防ぐために加熱処理がされてしまいます。

加熱して使いたい場合は、それでもいいと思うのですが、非加熱のまま食べたいと思ったときに加熱処理がされたものだと、甘酒本来の成分をそのままの状態で摂ることが難しいんです。特に酵素は熱に弱くて失活している可能性が高いです。

でも自分で作った甘酒なら最大限に甘酒の栄養素を摂取することがでるからおススメ♪

今回作る甘酒は濃縮タイプなので、ドリンクとして飲みたい場合はお好みおの濃度に薄めて、またスイーツ作りやお料理に使いたい場合はこのままの濃度で使うといいいですよ。

とっても簡単なのに、とっても美味しく作れるのでぜひお試しください(*^-^*)

ちなみにこの甘酒は完成後に冷蔵庫に入れて保存するのですが、冷蔵保存3日目からが甘味が強くなりさらに美味しくなります。

なので私はお菓子作りに使う時は作って3日目~1週間くらい経ったものを使うようにしています。

濃縮甘酒 レシピ

作りやすい分量

米麹(乾燥)     200g

お湯(50~60℃)   300㏄

レシピで使用している道具です↓

 

 

準備

・使用する容器、スプーンは消毒しておく。

 

作り方

①ボウルに米麹をいれて、バラバラにほぐす。

「みやここうじ」を使用しています。

 

②ヨーグルトメーカー付属容器に①とお湯(約50℃)を加えて馴染むように混ぜ合わせる。

熱々のお湯はダメですよ(^^)

 

③容器に蓋をして、ヨーグルトメーカーにセットをしたら、58℃ 7時間に設定する。

 

7時間後

出来上がり。

 

お菓子作りやお料理に使いたい場合は、ミキサーやブレンダーを使ってペースト状にしておくと、他の材料との馴染みがよく使いやすいです。

 

インスタグラム(@umekomeko)もマイペースに更新中♪

 

ABOUT ME
管理栄養士 梅子
当サイトの編集長、子供の頃からお菓子作りが大好きな管理栄養士の梅子です。 グルテンフリー生活を始めたことがきっかけで、どこの病院で診てもらっても原因不明だった体調不良がすっかり良くなるという経験をしてから、自分にとって心地よい食事法として、すっかりグルテンフリー生活にハマってしまいました。このときに出会った米粉という食材。小麦粉の代替食品にしておくだけではもったいと思うように。その頃から実際に色んなお料理やお菓子を作って、日々レシピの研究開発に取り組んでいます。今は米粉のお菓子研究家となり、米粉レシピ情報サイト「米粉のレシピ帖」で、定番お菓子から自然派おやつまでグルテンフリーのレシピの発信をしています。 また近年日本人の米離れがますます深刻になっていることに危機感を抱き、少しでもお米の消費量アップに繋がるようなレシピ発信がでければと思っています。 2016年から無理なくできる範囲でゆるグルテンフリー生活継続中。 卵・乳製品アレルギーでも美味しく食べられるレシピも多数掲載。 給食会社、食品会社での勤務経験あり。 結婚を機に退職し、今は小学2年生の男の子と3歳女の子の母です。