オーブン不使用米粉レシピ

米粉餃子の皮(グルテンフリー)の作り方

手作り簡単米粉餃子の皮の作り方をご紹介します。

米粉にはグルテンがないので、生地を休ませる必要がなく時短で作れるのも嬉しいポイントです♪

蒸し餃子にしたり、焼き餃子にしたりと、自家製の皮でも色々楽しめます。

でも作るのにちょっとしたコツがあり、それは一人分ずつ作ることです。

こねてから時間がたつと生地が扱いずらくなるので、慣れるまでの間は1人分ずつ生地をこねて、1枚生地を伸ばしては具を包むというやり方がおススメです。

慣れてきて手早く作業が進められるようになったら、一度に倍量作ったり増量するようにしましょう。

自家製米粉餃子の皮レシピ

基本のレシピ 一人分

米粉          40g

タピオカ粉(又は片栗粉) 10g

サイリウム粉末     1g

熱湯(沸かしたて)   44前後 

※お好みで自然塩を少々いれてもいいです。

※タピオカ粉、片栗粉がなければ米粉100%にしても生地は作れます。お好みに合わせて、配合を調節してください。

※水分量は生地の様子をみて調節してください。

※片栗粉を使用する場合は水を1~2g減らしたところから入れてください。

 

レシピで使用している材料・道具です。

米粉は商品により吸水率、吸油率が異なるので、他の米粉を使用する際はご注意ください。

 

 

準備

・お好みの餃子のあんをつくる。

 

作り方

①ボウルに熱湯以外の材料を全て計り入れ、混ぜ合わせる。

 

②①のボウルに、沸かしたての熱湯を入れ、混ぜてこね、ひとまとめにする。

熱いので火傷に気を付け、はじめはスプーンで混ぜ、触れる温度になったら手でこねるといいです。

 

③生地を6等分する。

 

④1枚ずつ生地を伸ばす。

残りの生地は乾燥を防止でラップに包みましょう。

キレイな丸に仕上げたい場合は、伸ばした生地を型で抜くと簡単です。

 

⑤皮で具を包む。

台の上に伸ばした皮を、スケッパーではがしてから具をのせて包む。

包んだ餃子にもラップをかけておく。

 

蒸し餃子、焼き餃子にしたり、お好みの調理をしたら出来上がり。

一番おススメの食べ方は、もちもち蒸し餃子です♪

この生地で小籠包やシューマイを作ってみるのもGood。

 

ABOUT ME
管理栄養士 梅子
管理栄養士 梅子
当サイトの管理人、管理栄養士の梅子です。 米粉が大好きで米粉のお菓子研究家となり、こちらの米粉レシピ情報サイト「米粉のレシピ帖」を立ち上げました。 「グルテンフリーでも美味しく食べたい!」を叶えるレシピを考え発信していきます。 卵・乳製品アレルギーでも美味しく食べられるレシピも多数掲載。 給食会社、食品会社での勤務経験あり。 結婚を機に退職し、今は小学1年生の男の子と2歳女の子のママしてます。