米粉ケーキ

米粉のトマトシフォン・サレ(グルテンフリーレシピ)の作り方

今回は米粉で作るお野菜を使った甘くないシフォンケーキのご紹介です。

トマトがぎゅーっと濃縮されたトマトペーストを使用することで、手軽に3個分のトマトをシフォンケーキに入れることができます♪

トマトの赤色成分であるリコピンには強い抗酸化作用があり、癌や動脈硬化の予防が期待できます。

リコピン色で栄養価をアップした鮮やかなシフォンケーキは、けっこう映えるのでクリスマス会やお誕生日パーティーなどおもてなしの一品としてもおすすめです(*^-^*)

食べ方はシフォンに具材を挟んだシフォンサンドウィッチでどうぞ♪

米粉のトマトシフォンケーキサレ レシピ

17cmシフォン型 1台分

卵黄(M)      4個分

きび砂糖      10g

自然塩       2g

米油        40g

水         40g

レモン汁      10g

トマトペースト   2パック(18g×2)

米粉        80g

卵白(M)      4個分

きび砂糖      20g

※レシピではきび砂糖を使用していますが、お好みの砂糖に置き換えても大丈夫です。

※油は太白ごま油でも代用できます。

 

レシピで使用している材料・道具はこちらです。

米粉は商品により吸水率が違うので、他の米粉を使用する場合はご注意ください。

↑このトマトペーストを2パック使用しています。

 

準備

・卵は卵黄と卵白に分けて、卵白の入ったボウルは冷蔵庫に入れ使う直前まで冷やしておく。

・オーブンを170℃に予熱する。

 

作り方

①ボウルに卵黄と砂糖、自然塩を入れ、もたっとするまで泡だて器でよく混ぜる。

 

②①のボウルに油を加えて混ぜる。

 

③②に水を加えて混ぜる。

 

④③にレモン汁を加えて混ぜる

 

⑤④にトマトペーストを2パック加えて混ぜる。

 

⑥⑤に米粉を加えて混ぜる。

 

⑦冷やしておいた卵白でメレンゲをつくる。

卵白に少しでも卵黄が入っていたり、ボウルに油分や水分がついていたりすると泡立ちが悪くなるので気を付けましょう。

 

ボウルに入れて冷やしておいた卵白を、ハンドミキサーの低速で軽く泡立てる。

 

砂糖を2回に分けて加えて、ハンドミキサーの高速で泡立てる。

 

メレンゲの角が立ったら、ハンドミキサーを低速にかえて、20秒くらいゆっくり混ぜてキメを整える。

 

⑧卵黄生地とメレンゲを混ぜる。

⑥のボウルにメレンゲの1/4量を加えて、泡だて器でダマがなくなるように混ぜる。

 

残りのメレンゲを半量加え、ダマがなくなるように、かつ泡をつぶさないよう混ぜる。

底に卵黄生地がたまりやすいので、底からすくい上げるように混ぜる。

 

残りのメレンゲを加え同じように混ぜる。

 

⑨少し高めの位置から生地を型に流し込む。

ゴムベラで表面を平らにならしたら、竹串でぐるぐる渦巻き状に生地を5~6周する。

今度は内側~外側をギザギザに2~3周する。

 

⑩170℃に予熱をしたオーブンで35分焼く。

※焼き時間・温度は目安です。ご使用のオーブンに合わせて調節してください。

 

⑪焼き上がったらすぐに逆さまにして冷ます。

冷めたら、パレットナイフやシフォンケーキナイフを使って型から外す。

 

出来上がり。

 

サンドウィッチにする場合は8等分した生地に切り込みをいれて、内側全体にマヨネーズやバターなど油分を塗ってからお好みの具材を挟みます♪

インスタグラム(@umekomeko)もマイペースに更新中♪
 


 

ピンクのボタンをポチっと押していただけると嬉しいです♪励みになります♪
ABOUT ME
管理栄養士 梅子
お米と米粉専門の料理研究家。 小麦を食べるのをやめただけなのに、どこの病院で診てもらっても原因不明だった体調不良がすっかり良くなるという経験をしてから、自分にとって心地よい食事法としてグルテンフリー生活を続けています。小麦粉からお米と米粉にシフトして6年。お米の可能性、魅力に気がつき2018年からこだわりのお米(米粉)のレシピを発信してます。 2016年から無理なくできる範囲でゆるグルテンフリー生活継続中。 卵・乳製品アレルギーでも美味しく食べられるレシピも多数掲載。 給食会社、食品会社での勤務経験あり。 今は都内で小3の息子、年少の娘の母として夫と4人暮らし。毎日賑やかに過ごしています。将来は水がキレイなどこか地方の田舎で自給農生活がしてみたいです♪