オーブン不使用米粉レシピ

米粉の抹茶オールドファッションの作り方

こんにちは!管理栄養士の梅子です。

急に暖かくなり突然春を通り越してもう初夏かってくらい暖かかくなってみたり、かと思えば突然冬に戻ってみたり、極端な寒暖差がありながらも少しずつ暖かくなってきている東京です。

だって3月だもんね。もう春だよね。

春といえば何だか抹茶スイーツな気分になって、いや世の中では桜スイーツの季節なのかもしれませんが、何となくね抹茶な気分になってね。

今回は米粉のレシピ帖で以前紹介したことがあるオールドファッションを抹茶バージョンにして作ってみました♪

米粉のオールドファッションドーナツの作り方米粉で作るグルテンフリーのオールドファッションのレシピを紹介します♪昔ながらの素朴で軽い口当たりのドーナツです。ぜひ揚げたてをお楽しみください(*^-^*)...
米粉のチョコレートオールドファッションドーナツ 作り方米粉で作るグルテンフリーのチョコレートオールドファッションドーナツのレシピを紹介したいと思います。米粉で作るドーナツは、小麦粉と比べて吸油率が低いので、お菓子作り初心者さんでも、サックっと軽い口当たりのドーナツが簡単に作れます♪ぜひお試しになってくださいね(*^-^*)...

米粉で作るドーナツは小麦粉に比べて吸油率が低いのでサクッと揚がりやすく、食べたときに重たくなりにくいのが特徴です♪

いつも手作りドーナツがべチャッとしちゃう人、重たいドーナツになりがちな人には特に米粉でのドーナツ作りがおすすめなのですよ(^^)

正直言うと昔はドーナツ食べるのが苦手でした私(笑

でもね米粉で作るようになってからは、けっこう軽いから苦手だったはずの私でもコレならイケると美味しく食べられるようになっちゃたのです~♪

米粉で作る抹茶のオールドファッション レシピ

9個分

米粉               190g

ベーキングパウダー 5g

スキムミルク         5g

抹茶パウダー    10g

全卵        94g

きび砂糖      70g

溶かしバター    36g

材料について 米粉 米粉のレシピ帖では基本的に上記の米粉を使っています。 米粉は商品によって吸水率が違うので、違う米粉を使...

※スキムミルクは香りずけに入れてます。スキムミルクを入れることをおススメしますが、ない場合は米粉に置き換えてください。

 

レシピで使用している材料と道具です↓

※米粉は商品によって吸水率が違いますので、他の米粉をお使いになる場合はご注意ください。

詳しく知りたい方は、こちらの動画をご覧ください↓

1.5~2倍速で見るとスムーズですよ(*^-^*)

本題は1:06から始まります。

 

スキムミルク

揚げ物用温度計

油の温度管理には、温度計を使って目で確認するのが分かりやすくておススメです。

 

YouTube動画もあります↓

 

作り方

ボウルに米粉、ベーキングパウダー、スキムミルク、抹茶パウダーを入れて、泡だて器で均一になるように混ぜ合わせます。

抹茶パウダーはダマになりやすいので、ふるって加えます。

別のボウルに全卵ときび砂糖を入れてよく混ぜ合わせます。

溶かしバターを加えて混ぜ合わせます。

粉類が入ったボウルに液体類を加えます。

ゴムベラで混ぜ合わせ、生地をまとめます。

生地の重さをはかります。

1個当たりの重さを計算して出します。

406g(生地の重さ)÷9=45.11111

約45gずつ、生地を9個に分けます。

部屋が乾燥していると生地も乾燥しやすいので、ラップをかぶせて乾燥を防ぎます。

このまますぐに次の工程に進みます。

生地をリング状に成形します。

はじめに生地を手の中で、ギュッギュと軽く握り棒状に形を作ります。

台の上でコロコロさせて16cmまで伸ばします。

片側の端っこ部分を平らにします。

もう片方の端っこ部分と合わせて、リング状に形を整えます。

※米粉のレシピ帖と違う米粉をお使いの場合、生地のまとまりが悪くポロポロしてしまうことがあります。その場合は卵を少量ずつ追加して、生地の状態を調節してください。

※また、同じ米粉をお使いであったとしても、例えば砂糖がつぶつぶ状のものをお使いだったり、何かしらのアレンジをされていると、生地が写真と同じ状態にまとまらないことがあります。その時も卵の量で生地の状態を調節してください。

 

生地の表面に竹串で一周ぐるりと線を入れます。

揚げ油を準備します。

※抹茶の入った生地は油が汚れやすく、新しい油を使っていても泡立ちやすいです。

写真は浅いフライパンですが、これでは油の泡がブクブクしたときに溢れそうで怖いので、抹茶の生地を揚げるときは深さのある鍋を推奨します。

ちなみにですが私がいつも揚げ物に使っている、まいにちの米油の三和油脂株式会社さんに教えてもらったお話で、業務用の油には消泡剤としてシリコーンが入っているので大量に揚げ物をしても泡立ちしませんが、家庭用の油として販売されているものにはシリコーンの添加がないので泡立ちが起こるそうです。なので油が汚れて泡立つことは自然な現象です。

だだ泡立つのは危険でもあるので十分に気を付けながら、できるだけ揚げる回数を少なくして揚げていきます。回数を増すごとに油の汚れも多くなり、泡立ちもどんどん増してしまうので、回数は少なくね。

 

油の温度が160~170℃になったら生地をそっと入れます。

表面1分30秒(目安)

ひっくり返して1分(目安)揚げます。

油から取り出すときに箸だけで引き上げると、箸で持った部分に力がかかりすぎて割れてしますことあるので、天かすすくいのような物を使って下からすくい上げるように取り出すのがおススメです。

 

残りの生地も同様に揚げて完成でーす(*^-^*)

見るからにサックっとしてるでしょ♪

お~キレイな抹茶色~♪

そしてサクッサク(^^)/

うん、軽くて食べやすい♪

ぜひお試しくださいねー(*^-^*)

現在5万3千人の方にフォローしていただいてる

インスタグラム(@umekomeko)もやってます♪

YouTube「米粉のレシピ帖チャンネル」では米粉で作る定番お菓子レシピから自然派おやつレシピまで、いろんなグルテンフリーの手作りお菓子動画を公開してます(^^)/

レシピブログに参加しています♪ピンクのボタンを押して応援していただけると嬉しいです♪

ABOUT ME
管理栄養士 梅子
お米と米粉専門の料理研究家。 小麦を食べるのをやめただけなのに、どこの病院で診てもらっても原因不明だった体調不良がすっかり良くなるという経験をしてから、自分にとって心地よい食事法としてグルテンフリー生活を続けています。小麦粉からお米と米粉にシフトして6年。お米の可能性、魅力に気がつき2018年からこだわりのお米(米粉)のレシピを発信してます。 2016年から無理なくできる範囲でゆるグルテンフリー生活継続中。 卵・乳製品アレルギーでも美味しく食べられるレシピも多数掲載。 給食会社、食品会社での勤務経験あり。 今は都内で小3の息子、年少の娘の母として夫と4人暮らし。将来は水がキレイなどこか地方の田舎で自給農生活がしてみたいです♪2022年からエネルギーワークの勉強をはじめ、暮らしの中に取り入れてます。