米粉パン

米粉ベーコンエピの作り方

記事内に広告が含まれています。

友だち追加

こんにちは!管理栄養士の梅子です。

お久しぶりのレシピの更新、みなさま大変お待たせしましたー♡♡♡

今回はなんと米粉パンのご紹介です♪

ついにできました!!!納得のいく米粉パン♡

9月4日に発売になるこちらの新刊から、

今日はベーコンエピを、

いつも梅子のことを応援してくださる皆さまに感謝の気持ちを込めてお届けしていきたいと思います(*^-^*)

実は今回のレシピ本、パン専用米粉は使いません。

米粉のレシピ帖で使ういつもの米粉でめちゃくちゃ美味しいパンを作ります♡

米粉で作ったよって言われなかったらたぶん分かんないくらい、本当にあのベーコンエピができるので、ぜひ、このまんま作ってみてくださいね♡

米粉ベーコンエピ レシピ

4本分

米粉    150g

きび砂糖  15g

自然塩   2g

インスタントドライイースト 3g

米粉ペースト 55g

水(温度の説明は作り方をみてね) 115g

米油     15g

オオバコ   5.4g

ベーコン   4枚

打ち粉用の米粉 適量

表面に塗る油  適量

※米粉ペーストについては、次の記事で紹介しています。

米粉ペーストの作り方米粉ペーストの作り方を紹介しています。これを入れるだけで、米粉パンがグレードアップしちゃいますよ♪...

 

レシピで使用している材料です↓

米粉
created by Rinker
ホームメイド
¥588
(2024/06/23 05:15:32時点 Amazon調べ-詳細)

※米粉は商品によって吸水率に違いがあるので、他の米粉で作ると同じように作れない可能性が高いです。まずはレシピと同じ米粉でお作りになることを推奨します!

詳しく知りたい方は、こちらの動画をご覧ください↓

1.5~2倍速で見るとスムーズですよ(*^-^*)

本題は1:06から始まります。

 

オオオバコ

このオオバコを入れることでグルテンがない米粉でも生地に繋がりができてパンの成形ができるようになります。

インスタントドライイースト
米油
created by Rinker
三和油脂
¥785
(2024/06/22 22:58:11時点 Amazon調べ-詳細)

 

作り方

ボウルに米粉、きび砂糖、塩、インスタントドライイーストを入れて、ゴムベラで混ぜ合わせます。(オオバコはまだ入れません。)

別のボウルに米ペースト、水(ぬるま湯、熱湯)を入れます。

この米粉ペーストと水を合わせた状態で35℃~40℃くらいになるように調整します。

米粉ペーストが作りたてで熱々なのか、事前に作り置きしてあり冷蔵庫で冷やしておいたものなのか、それによって加える水の温度が違ってきます。なので米粉ペーストと水を合わせた状態での温度を基準としています。

冷えた米粉ペーストを使う時は、分量の水のうち約半分を熱湯にして米粉ペーストをほぐしておいてから使います。

温度の調節ができたら米油を加え混ぜます。これで液体類の準備ができました。

粉類が入ったボウルに液体類を加え、粉っぽさがなくなるまでゴムベラで混ぜます。

米粉ペーストのつぶつぶ感や、少しのダマは残っていても大丈夫です♪

ここからハンドミキサーの高速で3分混ぜます。

3分混ぜるとこんな感じ。

ボウルのふちに飛んだ生地をゴムベラで落とします。

オオバコを全体に振り入れます。

オオバコが入ったらすぐにハンドミキサーで30秒混ぜます。

混ぜて30秒ほどしてくると生地が重たくなってくるのでハンドミキサーを抜きます。

ゴムベラに持ち替えて、全体を3分ほど混ぜるというか、捏ねます。

この時使うゴムベラがしなるタイプで柔らかいと力が入りにくく混ぜにくいので、固めのゴムベラが使いやすくおすすめです。

また柄を短く持つこともポイントです。

3分混ぜたら、生地をまとめます。

触ると指に生地がくっついてくるような状態です。

ラップかシャンプーハットをかぶせて、15分室温に置き一次発酵をとります。

発酵している間に天板とベーコンの準備をしていきます。

まず天板ですが、こちらはひっくり返して使います。表側を使ってしまうと、側面の立ち上がり部分に火が通りにくく焼きムラになりやすいので、それを解消するための対策です。

ひっくり返した天板にオーブンシートを4本切ってセットします。

今回使っているオーブンシートは一般的に売られている、25cm幅のものです。

約7cmずつ4本切ります。それを互い違いになるようにずらしてのせます。

ベーコンはパックから出したままだと少し水っぽいので、キッチンペーパーで挟み、水気をきっておきます。

※今回のレシピ本では卵・乳製品・小麦粉不使用で作っているのですが、ベーコンは商品によってそれらの原材料を含んでいることがあります。原材料をご確認の上ご使用ください。

 

一次発酵が完了したら、ラップまたはシャンプーハットをはずして、ボウルの中に生地を入れたままゴムベラでこねて、ガス抜きをします、

ガスが抜けたら全体をひとまとめにします。

まだ生地がけっこう柔らかいので、ここからは打ち粉(米粉)が必須です!!(打ち粉に使う米粉はなんでもOK)

まず生地をだす台(写真は100均のまな板)の全体にしっかり打ち粉をします。白の上に白💦分かりにくかった(+_+)編集中に気が付いて、次回は他の色にするので今回だけは許してね(>_<)

ボウルの生地を取り出します。

生地の上からも全体に打ち粉をしておきます。

これで生地を触った時にべたつきにくくなりました。

生地を4分割にします。(約85gずつ)

約24×9cmになるようにめん棒でのばします。

くっつきそうな場合は打ち粉を使ってください。

ベーコンをのせます。

両側の生地を折ってきて生地をかぶせます。

さらに両側から半分に折り、とじ目を指でしっかり押さえて閉じます。

ひっくり返して、コロコロさせながら形を整えます。

とじ目を下にして、オーブンシートにのせます。

ラップをかぶせ15~20分室温におき二次発酵をとります。

ここで250℃にオーブンの予熱をはじめます。

ハケで表面全体に薄く油を塗ります。

ハサミで斜めに切り込みを5~6か所入れて、左右に広げます。

250℃に予熱したオーブンで18分焼きます(我が家のオーブンの場合は14分の時点で天板の前後を入れ替えてます)。

※オーブンの温度・焼き時間は目安です。お使いのオーブンに合わせて調整してください。

完成でーす(*^-^*)

このパンはぜひ焼き立てを味わってもらいたい♡

もうね、サクッさく☺

この食感が米粉で食べられるなんて最高だよ~♬(時間の経過と共に、しっとりしてきます。そのまま食べてもいいし、オーブントースター1000wで4~5分焼くとサクッと感が復活します)

パンの生地感、食べ応え、まんまベーコンエピっだから(*^-^*)

米粉ペースト使ったり、ハンドミキサーも出てくるし、なんか難しそうって気持ちになってしまった人もいるかもしれませんが、この二つの合わせ技により、パンらしいパンが米粉でも作れるようになりました!!!

本当に試してほしい、そしてぜひ味わってみてほしい(*´▽`*)

最高に美味しい米粉パンを、みんな作ってみてね♬

新刊ではこの他にも美味しい米粉パン、おやつ、料理をたくさん紹介してます♡

ぜひチェックしてみてねー(^^)/

 

現在10万5人の方にフォローしていただいてる

インスタグラム(@umekomeko)もやってます♪

YouTube「米粉のレシピ帖チャンネル」では米粉で作る定番お菓子レシピから自然派おやつレシピまで、いろんなグルテンフリーの手作りお菓子動画を公開してます(^^)/

レシピブログに参加しています♪ピンクのボタンを押して応援していただけると嬉しいです♪

ABOUT ME
管理栄養士 鈴鹿 梅子
お米と米粉専門の料理研究家で米粉の魅力を伝え、お米の可能性を広げる活動をしている管理栄養士です。自国で自給できている数少ない食材の一つであるお米を守りたい!お米の消費量減少の問題を何とかしたい!食の力で日本の未来を明るいものにしていきたい!そんな想いで「米粉のレシピ帖」を運営しています。 小麦を食べるのをやめただけなのに、どこの病院で診てもらっても原因不明だった体調不良がすっかりよくなるということを経験。そこから小麦粉をお米と米粉にシフト。お米の可能性、魅力に気がつき、2018年からとっておきのお米(米粉)レシピの発信を続けています。 2016年からゆるグルテンフリー生活継続中。 卵・乳製品アレルギーでも美味しく食べられるレシピも多数掲載。 今は都内で小4の息子、年中の娘の母として夫と4人暮らし。将来は水がキレイなどこか地方の田舎で自給農生活がしてみたいです♪最近は宇宙のエネルギーについても興味があり、2022年からエネルギーワークの勉強スタート♬見えない世界についても最近は意識しています♪