ジャム・ソース

レモンジャム(レモンマーマレード)の作り方

YouTube動画はじめました(^^)/

 

レシピブログに参加しています♪ピンクのボタンを押して応援していただけると嬉しいです♪

 

こんにちは!管理栄養士の梅子です。

今日はレモンで作るマーマレードをご紹介します。

普段は果汁を絞ったら捨ててしまうことが多いレモンの皮ですが、実は果汁よりも皮の方が栄養素を豊富に含んでいて、本当は捨ててしまうがもったいない部分です。

マーマレードにすることで皮まで美味しく食べることができ、また保存性も高まるので、少し手間はかかりますがおススメしたい食べ方の一つです。

皮ごと食べる今回のレシピでは、できれば防カビ剤や農薬の心配のない国産レモンをお選びになることをお勧めします。

 

レモンマーマレード レシピ

作りやすい分量

レモン   好きなだけ

砂糖   果汁+皮の重量の65%~

※砂糖はお好みのものをお使いください。

 

動画あります↓

 

 

作り方

①きれいに洗った瓶を煮沸消毒します。

このとき、瓶は必ず水から火にかけて徐々に温めていきます。

 

瓶のふた、スプーン、トングも入れて、沸騰したらそのまま5分ほどぐつぐつ煮ます。

 

鍋から取り出し、きれいな布巾の上で自然乾燥させます。

 

乾いたら瓶の準備完了です♪

 

②レモンを半分き切り、果汁を絞ります。

絞りながら種は取り除きます。

 

レモンの皮と種と果汁の3つに分けます。

今回、種は使いません

 

皮を適当な大きさに刻みます。

この時ヘタとおしりの部分は取り除きます。この部分は使いません。

 

 

③皮と果汁の重量を計り、使う砂糖の分量を計算します。

皮 162g(容器の重さは引いてあります)。

 

果汁 105g(容器の重さは引いてあります)。

 

皮の重量162g、果汁の重量105gの合計に対して、65%の砂糖が使いたいので。

162g+105g×0.65=173.55g

今回は174gの砂糖を使います。

砂糖の量はお好みに合わせて減らしたり、もしくは増やしたり調整してもらって構いませんが、砂糖の量が少なくなるほど保存期間も短くなるので、その点だけご注意ください。

 

④レモンの皮を3回茹でこぼします。

鍋に水と皮を入れて火にかけます。

沸騰したら2~3分煮ます。

煮汁を捨てます。

全部で2~3回この作業を行います。

2回目が終わった時点で味見をしてみて、苦みが強く残っていたら3回目を行います。

 

⑤鍋に茹でこぼした皮、果汁、砂糖を入れて、全体を混ぜ合わせます。

混ぜ合わせると、じんわりと水分が全体に行きわたります。

 

⑥弱~中火の火にかけます。

たまにかき混ぜ様子を見ながら、コトコトじっくり煮ていきます。

アクが気になる場合は取り除いてください。

皮が柔らかくなり、好みの加減まで煮詰めます。

熱々のうちに瓶に詰めます。

 

出来上がり~(*^-^*)

 

インスタグラム(@umekomeko)もマイペースに更新中♪
 

ABOUT ME
管理栄養士 梅子
お米と米粉専門の料理研究家。 小麦を食べるのをやめただけなのに、どこの病院で診てもらっても原因不明だった体調不良がすっかり良くなるという経験をしてから、自分にとって心地よい食事法としてグルテンフリー生活を続けています。小麦粉からお米と米粉にシフトして6年。お米の可能性、魅力に気がつき2018年からこだわりのお米(米粉)のレシピを発信してます。 2016年から無理なくできる範囲でゆるグルテンフリー生活継続中。 卵・乳製品アレルギーでも美味しく食べられるレシピも多数掲載。 給食会社、食品会社での勤務経験あり。 今は都内で小3の息子、年少の娘の母として夫と4人暮らし。毎日賑やかに過ごしています。将来は水がキレイなどこか地方の田舎で自給農生活がしてみたいです♪